あまみネット

  • 奄美ヘリコプター倶楽部・奄美ヘリコプターサービス
  • 金環日食
  • 動画
ナイスShot!
  • ナイスShot!

  • 梅雨明けの奄美 夏空の下に360艇のシーカヤック

  •  6月29日、昨年より7日遅く梅雨明けした奄美。4月29日に梅雨入りし、61日間に降った雨は各地で平年より2倍以上になった。この大雨による落石、崖崩れ、道路の冠水などで道路が寸断され、孤立した地区もあった。それでも梅雨明け後は一転、強い日差しの夏空が続き、奄美が一番輝く季節になった。
     7月1日、晴れ渡った大島海峡では20回目を迎えた「奄美シーカヤックマラソンIN加計呂麻大会」が開催された。節目の大会に全国から360艇530人がエントリー。紫外線対策できっちり身を固めた参加者たちは、カラフルなカヤックで大海原にこぎ出し、ゴールを目指した。メーン会場の古仁屋の最高気温は今年一番の30.6度だった。 (井口のぼる)

  • ナイスShot!

  • ナイスShot!

  • 太古の森に今も生きるアマミノクロウサギ

  •  梅雨まっただ中の奄美。降り続く雨が時折止むと、待っていたように小動物も活発に動き出す。
     未明の奄美大島・篠川〜役勝線を走行中、ヘッドライトに照らされた霧の向こうに突然クロウサギが現れた。こんな時のためにと積んであったカメラを取り出し、フロントガラス越しに夢中でシャッターを切ったのがこの一枚。
     アマミノクロウサギは、奄美大島と徳之島にだけ生息する原始的なウサギ。耳と足が短いのが特徴で、「生きている化石」と呼ばれている。特別天然記念物、絶滅危惧種、国内希少野生動植物種などにも指定。
     闇の中で突然の「侵入者」に驚いたのかしばらく動かずにいたが、つぶらな瞳で一べつした後、太古の森へと姿を消した。 (井口のぼる)

  • ナイスShot!

  • ナイスShot!

  • 春の小川に美しいカワセミ

  •  水ぬるむ季節。その美しさから「清流の宝石」と呼ばれるカワセミは、 奄美でも留鳥として分布している。ブッポウソウ目カワセミ科に分類され、 漢字では「翡翠」、「川蝉」、「魚狗」などと表記される。
     奄美市名瀬の小宿中学校横を流れる小宿大川で、餌を求め飛び交うカワセミを 見つけた。鮮やかな羽の色と可愛らしい体形で、この鳥の魅力に取り憑かれる人 も多い。3月から8月が繁殖期で、川辺など運が良ければカップリングの愛らしい 光景も見られるかも。
    写真:連続写真=合成(井口のぼる)

  • ナイスShot!

  • カテゴリー
  • 奄美ヘリコプター倶楽部
  • 金環日食
  • 管理者取材レポート
  • 遊びの達人
  • 諏訪之瀬島飛行場
  • 写真ギャラリー
  • 特撮動画
  • オリジナルマンガ
  • おすすめ商品
  • オリジナルTシャツ
  • スタッフブログ